国内ドラマ

『金魚妻』あらすじ感想ネタバレなしキャスト[netflix独占配信]篠原涼子・岩田剛典

『金魚姫』2022/2/14(月)Netflix配信スタート!

人気漫画原作の禁断の愛を題材にした作品です。

『金魚姫』あらすじ

風情ある風景が残る下町に隣接する高層タワーマンションの最上階。平賀さくら(篠原涼子)は、ある事故をきっかけに美容師としての夢を諦め、結婚。多数のサロンを手がける夫と、誰もが羨む華やかな人生を歩んでいるかと思われていたが、実は夫からのDV、そしてモラハラに苦しむ日々を送っていた。

それでもサロンの共同経営者としての仕事を自分の居場所と信じ、夫から離れることが出来ないさくらは、偶然立ち寄った金魚屋で運命的な出会いを果たす。金魚鉢の中で泳ぐ“金魚”に自分を重ねるさくらと、彼女をまっすぐに見つめる春斗。

やがて、夫の暴力が限界となって家から逃げ出したさくらは、春斗と一線を超えてしまう。それは刹那的な逃避なのか、それとも運命の恋なのかー。

ドラマのタイトルにもなっている「金魚妻」以外にも、様々な”妻”が登場する本作。それぞれ、外注妻、弁当妻、伴走妻、頭痛妻、改装妻…と称され、禁断の愛に足を踏み入れてしまった6人の妻の物語。今回解禁となった映像では、そんな彼女たちの裏側にある秘密が初めて垣間見えてくる。

「不倫なんて考えられない」と笑顔で否定したさくらが夫からのDVに耐えかね、優しく受け入れてくれる春斗と一線を越えてしまう「金魚妻」をはじめ、子どもが欲しい優香(中村静香)がセックスレスに悩む「外注妻」、夫・保ヶ辺(藤森慎吾)の“寝取られ願望”に付き合うことが愛情だと考えていたが、実は自分にもある願望が芽生えてしまう朔子(瀬戸さおり)が印象的な「弁当妻」、新婚の早矢(石井杏奈)と颯太(犬飼貴丈)がお互いを想うが故にすれ違っていく「伴走妻」、“不倫”という言葉を聞くだけで頭痛がしてしまうほどの拒否反応を示す慈子(松本若菜)と偶然出会った男性(眞島秀和)との運命的な物語である「頭痛妻」、そして、あるコンプレックスにより夫と姑に軽んじられる長谷川京子演じるゆり葉を描いた「改装妻」など、それぞれに誰にも言えない夫婦の悩みを抱えている中で、なぜ妻たちは踏み越えてはいけない一線を越えてしまったのか。

映像のラストでさくらと春斗が互いに涙を流す意味とは―?また、最近活躍が目覚ましい福本莉子、深水元基、小林優仁、堀未央奈、峯村リエなどが個性的なキャストの出演も決定している。

『金魚姫』キャスト

Netflixシリーズ「金魚妻」
原作:「金魚妻」黒澤R(集英社「グランドジャンプめちゃ」連載)
出演:篠原涼子、岩田剛典、安藤政信、長谷川京子 松本若菜、中村静香、瀬戸さおり、石井杏奈、眞島秀和、藤森慎吾、犬飼貴丈、久保田悠来
監督:並木道子(フジテレビ)/楢木野礼/松山博昭(フジテレビ)
脚本:坪田文/越川美埜子/的場友見
エグゼクティブ・プロデューサー:佐藤菜穂美(Netflix コンテンツ・アクイジション部門 マネージャー)/牧野正(フジテレビ)
プロデューサー:中野利幸(フジテレビ)/浅野澄美(FCC)、小林和紘(FCC)
制作プロダクション:フジクリエイティブコーポレーション
製作:Netflix
配信:2022年2月14日よりNetflixにて全世界独占配信