転職

市役所に転職する理由を作る秘訣

公務員試験に関する相談はこちら
https://koumuinshiken.jp.net/
※スマホでアクセスするとページ下部にライン相談ボタンが表示されます。

公務員試験で疑問に思ったこと、志望動機や自己PR、勉強の仕方がわからないなどの質問もコメント欄で承ります!

がっつり4ヶ月個別指導して欲しい人はココナラのご利用も可能です。
http://coconala.com/services/1209228
——————————————————————————————————————–

意外と穴場でもすっごい貴重な情報

私が指導する上で、最も得意とするのが
社会人が市役所に転職することを成功させること

転職するとき
転職理由結構困リマス。

関係ないスーパーから転職した人のお話市します。なんで

市役所は利益求めない
民間求める、だから公務員
これ御法度です。

けつろんから言うと

転職これまでしていない人は
つまり市役所が初めて転職の人は
行政の方が自己実現できると思ったことに注目して
理由作ればいい。

新卒と違うのは、社会経験を通して
行政の役割が分かったから
自分は行政の立場として貢献したいと思ったという理由になります。

販売員から市役所に転職した事例
取引先の農家と交流あった
地場産品扱うこと多い

農家さんと関わりあるうちに
あるいは様々な特産品に触れるうちに

売ることによって農家に貢献もできるけど
自分は、こういう魅力的な産品を作る
地域を守りたいと思った
特に、地元の商品扱ってる時あったら
スーパーで地元の商品売ってたら
こんなに多く人に愛されていることがわかった

でも、地元に変えると少子高齢化が進んで
人口減と担い手不足が課題となっていた

じゃあ、自分がこんな美味しい魅力的な産品を作れる
地域を守るしかない
だから地元の役場を志望した
という転職理由です。

次は
転々をしている人
1回以上転職している人

こういう人は、次の戦略でいきましょう。

自分は明確に社会でやりたい事が定まっていなかった
だけど社会経験通して、能力が身についたとき、やりたいことが定まったんだ。

販売員から土木系の会社にいた
河川改修とか仕事やった
防災に携わることができる自治体で働きたいって思った
確固たる熱意を伝える言い方も大事

次の市役所転職理由
1社目:服屋さんの販売員
2社目:観光事業やる会社の事務員

自治体の人が取引先で関わる機会あった。
自治体の人が、市役所でまちづくりして
地域を良くしようと熱い思い語ってくれたと
熱意に感銘を受けて、自分の鍛えた能力を活かし
市役所を志望したという理由です。

#市役所 #地方公務員 #転職理由

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です